長期間家を空けるなら留守宅を管理するサービスに依頼しよう

高値で売ろう

Real estate

2つの選択肢があります

不動産を売却しようとする場合、不動産会社に仲介でお願いするか、買取でお願いするかの選択が生じます。不動産仲介とは、売主が不動産会社に買主を探してもらうことを依頼する契約形態です。売主が自由に価格を設定することができるため、高値で売り出し、少しずつ価格を下げていくということができます。これに対して不動産買取は、買主が不動産会社であり、不動産会社から提示された価格で売り渡すか否かを決めることになります。売却活動に時間をかけることができるようであれば、不動産仲介が良いですが、引越しや任意売却など、資金が早急に必要な場合には、不動産買取も視野に入れておく必要があります。また、不動産買取の場合には、物件情報を公開されることがないので、近所に売り出し物件になっていることを知られる心配もありません。不動産買取の場合、提示価格が相場の60%程度と言われていますが、エリアによってこの目安を大幅に上回ることもあります。特に人気のあるエリアでは、不動産会社の買取価格も高くなります。人気エリアの1つとして、最近注目されているのが福岡です。福岡は人口が増加しているエリアの1つであり、若者にも人気の高いエリアです。そのため、今後、福岡エリアの不動産価格は上昇していくことが期待されています。早いうちに福岡の不動産を保有しておけば、将来、売却することになった時に、仲介でも不動産買取でも高い価格で売ることができます。