長期間家を空けるなら留守宅を管理するサービスに依頼しよう

住宅ローンを滞納する前に

女性

早めに専門家に相談する

住宅ローンの支払いを滞納すると、金融機関から催告書が送られてきます。そのような時は素早い対応をしないと、ローン残債の一括返済を求められます。それができないと差し押さえられて裁判所を通じて競売にかけられ、強制的に住宅を売られてしまいます。競売というのは相場よりも3割ぐらい安く売却されるので、ローンの残債が残り、その支払いを続けることになります。このような事態を防ぐには早めに任意売却の手続きをします。任意売却というのは一般的な不動産の売買と同じなので、相場の値段で売ることができます。高く売れればローンの残債をなくすことも可能です。任意売却をするためには行政書士や弁護士事務所にまず相談をします。大阪のような大都市には多くの事務所があるので、任意売却や借金整理に強い事務所を選んで相談します。ネットには任意整理に強い弁護士事務所などのサイトがあります。大阪なら地元の事務所を選ぶようにします。大阪のような大都市では地価が高いので、任意売却をすれば高く売れる可能性があります。弁護士事務所に相談すれば、債権者である金融機関と話し合ってくれます。債権者が売却を承認すれば、実際に売却活動を行うことができます。この時に金融機関は担保物件の調査をして、どのくらいの価格で売却できるかを査定します。それによって残債の支払いが可能かどうかを確認するのです。大阪のように地価の高いエリアでは高く売れる可能性があるため、任意売却もしやすくなります。